三栄自動車は、有害な処理が一切ないWater Coatを採用しています。

従来のコーティングとの比較

  ウォーターコート 従来のコーティング

  • 汚れが付きにくい。
  • 付着する汚れは、水洗いで簡単に落ちる。
  • 静電気を帯びにくいため、空気中のホコリを寄せ付けない。
  • 塗装表面を保護するため、鉄粉等の影響を受けにくい。
  • 酸性雨に強い。
  • 施工時間が短く、価格も従来のものより安い。
  • 油性コーティングのため雨水による汚れに強い。
  • ボディに新車以上の光沢やツヤがでる。

  • 見た目のツヤなどが撥水性コーティングよりも低い。
  • ボディに残った雨水がウォータースポットになりやすい。
  • 静電気を帯びやすく、空気中のホコリがボディに付着しやすくなる。
  • 施工に時間がかかり、必ず定期的なメンテナンスが必要になる。

親水現象とは・・・

かかった水が一塊になってゆっくり流れていく現象です。
ボディについた汚れを巻き込みながら流れるので、洗車の手間が減ります。

夏の虫対策

ウォーターコートを施工済みで、たくさんの虫が付いてしまった車を1ヶ月間放置しました。

従来のコーティングでは、虫が付いていた部分が酸化してしまい、色褪せや、コーティング 割れの原因になったりします。

ウォーターコートはお車のボディを強力にガードします!!

鉄粉取りでボディリフレッシュ

鉄粉とは・・・ その名の通り鉄の粉です。
これがボディに付くことで、コーティングやワックスの乗りが悪くなったり、塗装を傷める原因となります。

定期的に固形ワックスを自分でかけているというお車に鉄粉取りを施工しました。 定期的なワックスでピカピカに見えても・・・・


たくさんの鉄粉が、紫色になって浮かび上がってきました。

鉄粉取りは溶液+粘土で行います。施工後はもう一度溶液をかけても鉄粉は浮いてきません。

ちなみに鉄粉のたくさん付いている車のワックスを剥がすと、新品のスポンジもこうなります。
最近何だかワックスの乗りが悪い気がするという方は、ぜひ鉄粉取りをお試し下さい!